うつ病の症状に悩まされず明るい生活をする為に対策を立てよう

身体にも影響がある

うつ病への理解を。近年の取り組み。

以前までは偏見もあるなど、病院にかかることさえはばかられる人がいたほどのうつ病。 うつ病の症状としては大きく2種類に分けることができます。 感情、意欲、思考に影響を及ぼす精神症状と、睡眠障害や食欲不振など身体面に影響を及ぼす身体症状です。 近年では随分と理解も進み、誰にでも起こりうる病気として認識されつつありますが、まだまだ潜在患者が多いと言われているのも実情です。 うつ病は重度化しやすく、また再発しやすい病気です。 早期発見が重要であることから、現在では厚生労働省などが主導してうつ病に対する一般への普及啓発活動などを行っています。 ストレスや睡眠など数値化した目標を設定し、いち早く患者を発見するための取り組みを政府や地域で連携しながら行っています。

もしかしたら自分も・・・症状があるならぜひ相談を。

さて、理解は深まりつつあるものの、依然医療機関に受診していない人が多いと言われるうつ病。 もしかしたら自分はうつ病かもしれない、そう思っても医療機関にかかりづらいという面は確かに否めません。 しかし放っておくと重度化してしまう可能性もあります。 そのため、政府や医療機関、地域が連携しうつ病への対策を講じています。 一般的なところでは、内科等のかかりつけ医から専門医へのスムーズな連携を構築するなどです。 うつ病と思われる症状がある場合で、いきなり心療内科や精神科に行きづらいという方でも、一度かかりつけ医に相談することで専門医を紹介してもらえることがあります。 また、ストレスを生みやすい職業生活については、ハローワークの窓口相談や、厚生労働省のカウンセラーによるメール相談などもあります。 何か不安を感じたら我慢せず、まずは出来る範囲で相談してみてはいかがでしょうか。

Copyright © 2015 うつ病の症状に悩まされず明るい生活をする為に対策を立てよう All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com